無料の不動産投資セミナーに参加【参加者の声を良く確認】

お金

倒産リスクが低い会社

住宅模型

投資用物件を運営すると、あらゆるタイプの入居予定者が募ります。着実に、家賃収入を確保するために、積極的に入居を快諾したい気持ちを抱いてしまいますね。しかし、入居者を確保するために、契約書類を渡しても入居予定者によっては連帯保証人がいないケースも出てきます。諸事情により、保証人が見つからない場合は、さすがに入居審査をすんなりと通すわけには行きません。そんな人が現れた場合でも、入居審査を通しやすくしたいのであれば、賃貸保証会社を利用するのがおすすめです。賃貸保証会社を利用すれば、連帯保証人が見つからない入居予定者でも審査を無事に通過させられます。それに、専用の家賃管理システムで賃貸管理をしてくれる会社も存在するので頼りになります。

賃貸保証会社を利用する場合、気をつけるべきことは倒産しないかどうかです。入居者が家賃未払いを起こしてしまった場合、保証会社が倒産していたら、契約で約束されていた保証が受けられない可能性が浮上します。ちゃんとした保証を受けるためには、倒産の危機に貧しているのかを見極めるのが重要です。まず、チェックしておきたいのが、会社の資本金はいくらあるのかです。特に、注意してみておくべき部分は、増資の部分です。未払いの家賃を保証してもらうには、増資が十分に蓄えられているのかを見極めましょう。十分に増質が蓄えられている賃貸保証会社を見つけ出せば、家賃未払いが起きたとしても、不足分の家賃収入が得られるのは間違いありません。